予防歯科

予防歯科

毎日きちんと磨いているつもりでも歯と歯の間、歯と歯肉のすきまなど、どうしても汚れが残ってしまうところがあります。虫歯と歯周病の予防のためにやはり定期的な歯科検診が必要です。当院では検診はもちろんのこと、ブラッシング指導も行っております。是非、お気軽にお問い合わせください。

定期検診の必要性

歯科医院に「痛い」や「怖い」というイメージをお持ちの方はとても多いと思います。そういう方は特に、歯科医院へ行くのに敬遠しがちで、痛みの症状が出て仕方なく歯科医院に行くというケースが少なくありません。しかし、歯の病気には初期の自覚症状が少なく、痛みに気づいたときには、病状が進行しまっているという場合が多く、症状が進行してからの治療は、病気になってしまった箇所だけではなく、周りの歯や周辺組織にも負担がかかり、歯の寿命にまで関わってきます。そのため、定期的なメンテナンスで「予防する」という患者様の意識がとても大切なのです。
また、定期検診のメリットとして以下のようなことがあげられます。

口腔内環境というのは、日々変化するものです。特に生え変わり時期のお子様などは成長に合わせた予防法を行うことが大切です。当院では、口腔内環境をしっかり確認し、患者様一人一人に合わせた予防法をアドバイスしております。

ご自身で口腔内環境を細かい部分までチェックするのはなかなか難しいものです。定期的に歯科医院で検診を受けることは、虫歯や歯周病などの歯の病気の早期発見に繋がります。またその場合は、痛みもなく簡単な治療だけで短期間で済むことがほとんどです。

普段、ご自宅で行う歯磨きだけでは、虫歯の原因であるプラークは60%程度しか落とせないといわれています。歯磨きだけでは磨くことが出来ない歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)内の歯の根などは、歯科医院で専用の器具を使って定期的に清掃を行うことも必要です。

丁寧に歯磨きをしていたのに虫歯になってしまった…。こんな経験はありませんか?このようなケースは、しっかり歯磨きしているつもりでも、磨き残しがあり虫歯になってしまったのです。磨き癖などを確認し、正しいブラッシング法を身につけることもとても大切です。

「ポラリス」を導入しています!

ポラリス写真ポラリスは、歯面清掃用の機械です。炭酸水素ナトリウムのパウダーを使用し、超音波スケーラーでとりにくいヤニや茶渋などの着色や汚れを簡単に除去し、自然な歯の輝きに戻すことができます。またノズル・握手ケース・パウダーボックスはオートクレーブ滅菌が可能で、常に器具を衛生的な状態に保っておくことができます。※使用には別途料金がかかります。お気軽にご相談ください。


ブラッシングワンポイントアドバイス

虫歯予防はなんといっても日頃のケアが重要です。歯磨きの際も正しいブラッシングをしなければ意味がありません。ポイントをおさえてしっかり磨きましょう!


リラックス

一生懸命に磨こうとする余り、ゴシゴシと強過ぎる力で磨いてしまっているということがあります。その結果、お子さんの場合は歯磨きは痛くて怖いというイメージを持ってしまいます。まずは親子ともにリラックスするようにしましょう。無理やりするより、奥まで楽に磨くことができます。お子さんの動きと呼吸に合わせ、力が抜けたときにすかさず磨くのがコツです。


持ち方

歯ブラシは鉛筆を持つようにして持ってください。そうすると自然と力が抜け、ちょうど良い力で磨くことができます。


動かし方

歯ブラシを歯と歯茎の間に45度程度の角度であて、細かく動かします。歯ブラシが1mm位の幅を往復するようなイメージで磨くと磨き残しもすくなく、心地よいはずです。虫歯のできやすいところを重点的に上下の奥歯の噛み合わせの部分、歯と歯の間、歯と歯茎の境目が虫歯になりやすいと覚えておくとよいでしょう。


一般歯科
小児歯科
矯正歯科
審美歯科・ホワイトニング
歯周病治療
義歯治療
予防歯科
モバイル