義歯治療

義歯治療

歯を失った多くの場合、よく知られている治療法として義歯があります。義歯とは、いわゆる着脱式の「入れ歯」のことです。義歯は、一般的には見た目や装着感に違和感を覚えられることが多いようです。 しかし、マーガレット歯科では患者様のご希望に応じた素材や材質をご用意し、 患者様が納得いくまで装着感の微調整ができるよう、 作成後も、きちんと当院で責任を持って調整ができる義歯をご提供しています。 また発注している技工士の方にもこだわり、非常に有能な人を有しております。患者様に満足いただくために一切の妥協はしておりません。

金属バネのないノンクラスプデンチャー

デンチャー(入れ歯)に対する要求が多様化し、機能的である事はもちろん、審美的にも優れたものが求められるようになってきています。そのようなニーズに対応すべく、当院では、ノンクラスプデンチャーによる治療もおこなっております。ノンクラスプデンチャーとは、金具を一切使わない部分入れ歯であり、素材は柔らかく大きく曲げても割れることがありません。しかし全ての人にこの治療が適応できるわけではなく、その義歯を入れれる人が限られてしまいます。まずは当院にご相談下さい。

ノンクラスプデンチャーのメリット

01.自然な美しさ

金属のバネがないため大きく口を開けても義歯だと判らないほど自然で美しい口元になります。口元を気にすることがなくなるため会話も気分もはずみます。

02.快適なつけ心地

入れ歯自体が薄くて軽い仕上がりなので、口の中がすっきり感じられます。入れ歯のつけ心地が良く違和感も少ないので食事や会話も気持ちよく楽しめます。

03.歯にも優しい

残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と異なり、残っている歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定できます。しっかり噛めて、残っている歯の健康も維持します。




ノンクラスプデンチャーのデメリット

01.保険適用外

保険適用の入れ歯ではないため、自費で作り直すと費用がかなりかかると言えるでしょう。

02.修復困難

壊れにくい入れ歯ですが、一旦壊れたら、それを修理する方法がほとんどないのが実情です。

03.使用期限が短い

使用する素材の種類にもよりますが、約3年ほどで新しいものを作り直さなければなりません。



義歯のお手入れ方法

義歯も自分の歯と同じようにお手入れが必要です。しかも義歯の汚れは天然歯に比べるとより汚れやすいのです。義歯を掃除しないとそこに食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。また誤嚥性肺炎のリスクも高まると考えられています。また義歯は湿った環境で使われるよう造られているため、乾燥には弱くできています。適切な保管をしないと、ひび割れや変形が起こります。 ひび割れや変形は、装着感や快適性を損なうだけでなく、粘膜の損傷が起こったり、口内炎を引き起こす可能性もあります。正しいメンテナンス、保管を心がけ、常に清潔な口内環境になるように心がけましょう。


型どり

清潔な場所(洗面台や洗面器)でまずは軽く水洗いをして下さい。感覚としては食べカスや表面のヌルヌルを洗い流すイメージです。


トレー制作

専用のブラシを使用し義歯全体をブラッシングします。
歯磨き粉には研磨剤が入っているため義歯を傷つけてしまう場合があります。使用については必ず歯科医院に確認後、使用してください。


精密な型どり

義歯をすみずみまできれいに保つ意味ももちろんありますが、義歯を乾燥から避け、清潔に保存する意味合いも含まれます。就寝前には、必ずはずし浸け置きするのがよいでしょう。


噛み合せ確認

入れ歯洗浄剤の成分を洗い流します。

入れ歯洗浄剤の種類によっては、すすぎ不足が原因で粘膜に炎症を起こす場合があるため、しっかりと洗い流しましょう。


調整

良好な状態で使用していても、月日が経つと歯の状態や骨の状態の変化で気がつかない間に合わなくなっていることもあります。そうした状況を早期発見するためにも定期的な検診を受ける事をお勧めいたします。

総入れ歯の種類

チタン素材を使用しているため、生体親和性に優れており金属アレルギー反応もおこらない、体に優しい入れ歯です。また、熱伝導がよいため食べ物の熱が伝わり、違和感をあまり感じずに食事を楽しむことが出来ます。

義歯床にコバルトクロムを使用しているため、薄くすることが可能です。なおかつ、割れにくく変形も少ない安定した噛み心地です。金属床の中では比較的費用の負担が少ないのも特徴です。

磁性アタッチメントの素材は様々な種類がり、入れ歯の補助的な固定装置です。入れ歯が外れにくく安定性も高いため、硬いものもしっかり噛むことが出来ます。また摩擦や破損が少なく、比較的長期間お使いになる方が多いのが特徴です。

健康保険が適用のためとても経済的です。しかし、プラスチックは精度を高く作るのが難しいため、入れ歯が合わず多少痛みや違和感が伴う場合があります。そのため始めに適しているか、カウンセリングや検査をしっかり行うことが大切です。


一般歯科
小児歯科
矯正歯科
審美歯科・ホワイトニング
歯周病治療
義歯治療
予防歯科
モバイル